キャッシングは絶対安全でなければダメ!その消費者金融はどうですか?

どんな諸費者金融を利用しているのか、これは実に重要なことです。
利用の方法をいくら考えたとしてもその消費者金融でのキャッシングが危険なものであればどれほど計画をたてたとしてもダメはダメなわけです。
消費者金融選びはキャッシングをするときの土台選びとして考えなくてはなりません。
現在消費者金融は全国に2000社はあるとされています。
バブル期にはこの10倍近くの消費者金融がありました。
借りることに抵抗がない時代でしょう。
返済ができない状況など考えられなかったのではないでしょうか。
今手元にないから借りておこう、そんな簡単なものだったのかもしれません。
クレジットカードも一般社会に普及したのはバブル期になりますので後払いという支払方法が確立されたのもやはり先の収入に何の不安もなかったのだろうということは推測するのに難しことではありません。
その後、返済ができない状況、支払いができない状況が多く発生するようになりました。
バブル崩壊です。
それによって消費者金融はどんどんと数が減少し今に至ります。
とはいえ2000社もあれば十分すぎる数でしょう。
その中でも消費者金融の大手と呼ばれるのはごく一部です。
一昔前であればレイクや武富士なども含めて大手5社と呼ばれていましたが、現在はプロミス、アコム、アイフルの大手3社となっています。
キャッシング即日融資が必要なら安心できる消費者金融を選ぶことができていたでしょうか。
消費者金融選びが成功していたかどうか、まずは考えてみましょう。

カードローン!金利は同じでも返済方法によって総支払額に大きな差が出ることも〜返済期日〜

一言にカードローンといっても色々とありますが、貸金業者、所謂消費者金融が発行するカードローンだけ見てもそれぞれ特徴が異なりますし、利便性という面でも違います。また、みなさんがカードローンを利用する際、最も気になるであろう金利についてもどれも同じではありません。
ちなみに、消費者金融の金利は、改正貸金業法施行後、貸付額に応じて15%〜20%の上限金利で貸付が行われることになり、カードローンを提供する消費者金融は上限金利もしくは上限金利に近い金利を設定するようになりました。ですから、金利だけを見ると大差はない、といえるでしょう。しかし、金利(年利)は同じでも返済方法により、利息総額&総支払額に大きな差が出ることもある、ということをみなさんはご存知でしょうか。金利が同じなら支払い総額も同じはず、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではないのです。
カードローンの多くは、予め返済期日が定められており月に一回返済していくことになりますが、中には〇〇日ごとに返済日が訪れるカードローンもあります。金利(年利)は、日割り計算なので返済日から返済日までの日数が長ければ長いほど金利がつく、ということになります。
〇〇日ごとに返済日が訪れるカードローンだと返済日の把握はしにくいかもしれないけれど慣れれば、返済期日が毎月〇〇日、というカードローンよりもラクかもしれない?という考えもあるでしょう。もちろん、返済を〇〇日ごと!としているカードローンを否定している訳でもありません。しかし、返済日までが長いとその分利息がつくので総支払額が多くなる、ということを認識した上で、選ぶ必要はあると思います。

証券口座は安心管理

証券口座には株式取引をするための金額、儲けを出した金額が預け入れられることになります。
少額の取引を中心にしていたとしてもプラスが増えればそれだけ口座の資産が多くなります。
また株取引を行っている人には銀行口座よりも証券口座の方に多くの資産があるということも珍しいことではなく証券口座が安心できるものかどうか気になるところでもあるでしょう。

銀行口座の場合、万が一銀行が破たんした時には預金保護、つまりペイオフにおいて1預金者につき1千万円までの預金、その利息が保護されるというもの。
それだけの金額が保護されるのであれば問題ないと考える人もいますし、それ以上の金額を持っている人であれば銀行口座を複数持つという方もいるでしょう。

それでは証券口座はどうでしょうか。
実はその点が法律によって定められています。
証券会社は、証券会社自体の資産、そして顧客の口座資産は同一に管理してはいけないというものです。
つまり、顧客の口座資産はその単体で管理されており、万が一証券会社が破たんしたとしてもその資産は確実に管理されているものです。
証券会社が経営の悪化をたどったとしても、顧客口座の資産を使用することはできないということです。

株式取引を行っていると、その儲けは突然に大きくなったり小さくなったりと金額の変動が非常に激しくなってきます。
大きな金額が資産となることも珍しいことではありません。
ネット証券一覧にある証券口座の資産は安全に管理されている、それは安心できることです。

消費者金融のスピードを持った銀行ローン、バンクイック

三菱東京UFJ銀行のカードローンといえばバンクイックが知られています。
楽天銀行スーパーローン同様銀行ローンとして今、大きく人気があり注目されているのには消費者金融のスピードを兼ね備えていることが理由の一つになるでしょう。

金利は銀行並み、スピードは消費者金融並み、願ったり叶ったりのキャッシングではないでしょうか。
これまで銀行といえば審査には時間がかかることは当然のこととしてありました。
1週間、2週間、長い時には1か月も審査の結果を待たなくてはなりません。
どうしても近日中に必要な借り入れがあるときには銀行は選択肢の中から外さなければならなかったものです。
金利を取るのか、スピードを取るのか、その選択肢があったことは確かです。
ところが三菱東京UFJ銀行バンクイックのように即日借り入れが可能な銀行は出てきました。
今のところバンクイックが最も即日融資の可能性が高い銀行となっているでしょう。

借り入れ金額の大小にかかわらず、即日融資が可能であれば金利を考えて銀行を選択したいと考えるのはごく一般的なことです。
これでは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックにはデメリットがないように思われますが、それもまた違います。
メリットがあればデメリットもあるものです。
三菱東京UFJ銀行バンクイックは金利も低く、そしてスピードもあるキャッシング先として人気があります。
そのメリットばかりに注目するのではなくどんなデメリットがあるのかを知ることが大切になるでしょう。

レイクの審査に落ちたときにも考えてみよう、その借り入れ先は間違いではないか

どんな人が借り入れをしているのかも気になりますが、どんな場合に借り入れをしているのかを考えてみると借り入れをする前の参考にすることができます。
その借り入れの理由は間違ってはいない選択でしょうか。

世帯収入によって、もしくは高齢者世帯であれば借り入れ先はレイクやアイフルなどではありません。
また住宅を建てるための費用もまたレイクではありません。
どんな時にどんなところからどのような借り入れをするのか、じっくり考えておく必要があります。
レイク口コミをチェックしてみてもレイクの審査に通ることは難しくはありません。
むしろ他社からの借り入れがないのであれば落ちたという方が難しいというくらいです。
それでも返済は違います。
借り入れ金額をそのまま返済すればいいのは無利息期間を利用してその期間内に返済ができるときだけ。
返済をするときには利息を付けて返済しなくてはなりません。

レイクは確かに無利息期間があります。
この期間を考えても少額キャッシングで短期返済が可能であれば借り入れ先として選んでおきたいところであることは間違いありません。
しかし、そうではない場合もあるのだということは覚えておきましょう。
借り入れをするためにはそれぞれの事情があり理由があるはずです。
状況があり環境もあります。
それに応じた借り入れ先が選択肢としてあり、適切なものを選ぶことが必要になります。
消費者金融や銀行だけを考えているのであれば一度考え直してみなくてはならないかもしれません。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングの違いとは?

クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシング、さらに最近利用者増加中の銀行カードローンでのキャッシング、この3つは似ていますが少しずつ違いがあります。

どこを利用しても同じ、ということはありません。少しの違いでもお得なもの選んだほうがよいことは間違いないですから、その違いを理解しておきましょう。

まず大きな違いとしては、クレジットカードと消費者金融のキャッシングは貸金業法で規制を受けるもの、銀行カードローンは銀行法で規制を受けるものです。貸金業法では本人収入がある人が年収の3分の1の金額までのキャッシングを申し込みすることができるのです。

しかし、銀行カードローンはこの規制を受けません。専業主婦の方や年収の3分の1を超えた金額の借り入れを希望する方も申し込みが可能となります。

また、審査スピードは消費者金融がこの中では最も早くなるでしょう。消費者金融は即日キャッシングができるところのほうが多い、と考えておいてよいかもしれません。

金利の点に関しては銀行が低い、というイメージが強いものですが、現在は消費者金融もかなり低い金利のキャッシング商品も出てきています。利用する限度額によっては、大差ないものも見つかるでしょう。クレジットカードは、消費者金融や銀行カードローンほどもお金借りる金額によって金利が細かく分かれていないことが多いです。

借り入れ目的などによっても、お得なところという借り入れ先は変わってきます。時間のあるときに比較しておくことで、よりよいキャッシングができるようになりますよ。

急に現金が必要になった場合について

普通に生活をしていたら必要のないお金だったとしても、何等かの事情によりまして、纏まったお金が必要になってくるときがあったりします。すぐに借りる相手がいれば全く問題ないのですが、そうではない場合はどこかから借りる必要があります。


現金が必要になった場合には、大手のキャッシング会社を利用していくのが良いです。そして、できれば銀行系のキャッシング会社が良いです。大手であって、銀行系ということであれば、安心感、信頼感を得ることが可能です。


大手を利用することで、金利が低めに設定されていたり、さらには限度額水準が高かったり、色々な付加価値がついていたりするのです。ですから、借りる側にとりましては、とても魅力的なところであると言ってよいのです。


また、初めてお金を借りる場合ですと、一定の基準をクリアしていることで、利息がない形でお金を借りることもできたりします。無利息ということですから、借りたお金をプラスせず、そのままの金額で返済可能なのです。

詳しくは>即日融資を最短で受けれる会社【まとめ】

プロミスの良くある質問

プロミスの良くある質問をまとめてみました。これからキャッシングを考えている方の参考になればと思います。

Q 誰にも会わずに契約できますか?
A プロミスではパソコンやスマートフォンなど様々な申し込み方法がありますので誰にも会わずに契約できます。

Q 収入証明書類は必要ですか?
A 借入が50万円を超える場合、もしくは他社との借入額の合計が100万円を超える場合のみ提出が必要となります。

Q 初めて借入れしますが、いくらまで貸してくれますか?
A お客様によって異なりますが、300万円を上限としてご利用できます。
ネットや電話で契約前に借入可能な金額を調べる事もできますのでお問い合わせください。

Q 自動契約機での申し込み時間はどのくらいかかりますか?
A 30分~40分でご契約できます。

Q 勤め先の確認とはなんですか?
A お客様が在籍しているかの確認の為、個人名で電話させて頂きます。

Q 返済が遅れてしまったらどうなりますか?
A 遅延利息がかかりますので、プロミスコールまでお問い合わせください。(0120-24-0365)

Q 全額返済はできますか?
A もちろん出来ます。返済日によって金額が異なりますのでご連絡ください(プロミスコール 0120-24-0365)

この他にもサイトから直接メールで問い合わせもできますので、契約前に何か疑問点があれば確認してから契約をしましょう。

参照・・・プロミスの審査でチェックしておきたい5つの項目

誰にでも便利なキャッシングとは

キャッシングとは融資の事で、銀行や消費者金融会社が利用者にお金を貸す事です。様々なサービスを展開していて、30日間以内で有れば無利息でお金を借りる事が出来たり、すべてインターネットからの申し込みで有れば審査から融資まですべての事が行えます。

ネットからの申し込みであるWEB契約は24時間365日利用が可能となっているので、無人契約機までわざわざ足を運ぶ必要が無く、すべて自宅などにあるパソコンで出来るので忙しい人や遠方の人には大変便利なサービスとなっています。

最近の消費者金融会社では審査スピードも速くなってきていて、審査時間を早めに済ませる事で即日振込にも対応出来る様になるメリットが有ります。利用したい時に利用出来て必要な時にすぐにお金を借りる事が出来ます。

限度額は500万円位まで借りられる所も多く、年利は4.8%から18%位となっています。使途は基本的には自由なので、ちゃんと返済してもらえれば何にでも使えます。例えば住宅や自動車の購入の頭金にしたり、旅行に行ったりと自分の好きな様に使えます。