簡単にお金を借りる方法はある?

どのような金融機関を利用するとしてもお金を借りるには審査に通らなくていけないため、簡単にお金借りる方法は存在しないと考えてよいでしょう。消費者金融などは比較的審査に通りやすいため、簡単と思われがちです。しかしこれはあくまで銀行や信販会社など他の金融機関と比較してのことです。2014のデータでは、アコムが50%台、アイフルが48%、プロミスが40%台となっており、通過率が過半数を超えている消費者金融は少ないのです。
銀行などの場合、通過率は高くても20%台なのでそれに比べれば倍以上の数値です。そう考えれば消費者金融の通りやすさは群を抜いており、また審査スピードの速さなどを考慮すれば「簡単にお金を借りることができる」と考えられるかもしれません。
しかし審査基準が甘いかと言われれば決してそういうわけではありません。通りやすいといってもしっかり審査しています。審査が甘いとされている消費者金融でも通過できるのは多くても50%ほどということは、申し込んだ方の半分近くが振り落されているわけなので審査は決して甘くはないと言えるでしょう。
特に借金の返済または携帯料金の支払いの延滞でブラック情報が登録されている方は、まず審査に通ることはありません。返済能力や支払い意欲がないと判断されてしまうと、貸し付けたとしても借金を踏み倒す可能性があるとみなされてしまいます。こうなってしまうとどこで申し込んだとしても融資してもらう可能性はほとんどなくなってしまい、最悪の場合ヤミ金や悪徳業者に付け込まれることにもなりかねません。

消費者金融の衰退

最盛期は4万8000社あった消費者金融は一時期を境に2300社まで減ってしまいましたが、衰退していった原因はどこにあったのでしょう。
バブル崩壊後、金融業界で飛ぶ鳥を落とす勢いであった大手即日融資 消費者金融はつぎつぎと上場し、金融産業が衰退するなかで成長をほしいままにしてきました。
その反面、高い金利による利用者の借金苦から多重債務化や、社会問題にもなった厳しい取立てが日常化し、そのため取立て方法などに規制がかけらましたが、何といっても衰退する原因となったのは最高裁から出された判決で、金融業者に払いすぎた利息分過払い分を利用者に返還するよう求めるもので、これが「過払い金返還訴訟」と言われるものです。
さらに改正貸金業法の施行で、グレーゾーンの撤廃が記載され翌年から施行されたことや、消費者の多重債務化を防止するために利用者ごとの融資額などを管理する信用情報機関の創設や、貸付限度額を年収の3分の1までを限度とする総量規制などが施行されました。
総量規制の施行は審査の厳格化につながり、これまでの融資件数や貸付金額の減少が原因のひとつと言われています。
過払い返還の重圧や利用者の減少に耐え切れなくなった中小消費者金融はもちろん、大手消費者金融も次々に体力が衰退していき、武富士の倒産や三洋信販がプロミスの傘下に入り、後に吸収合併されていきます。
銀行との提携や吸収にも応じず現在専業大手消費者金融として残っているのは「アイフル」だけとなりました。

消費者金融での多重債務はどうなりますか?

お金がどうしても必要な時ってありますよね?皆さんはそんな時どうしますか?
親族や友人・知人にはちょっとお願いしにくい問題ですよね。そんな時には消費者金融から借りてみてはいかがでしょうか。
ほとんどの場合は、審査に通れば、融資は受けられます。今まで特に金銭トラブルなどがなければ、通常は借りられるはずです。しかし、借りたいのに借りられない。お金を借りたい借入を申し込んでも借りれない。何て事が起こることがあります。
原因に考えられることは、借入過多ということです。
要は多重債務で借り過ぎの可能性があります。 色々なところからお金をいっぱい借入れしすぎていると、多重債務で借り入れ過多と判断されて、新たな借入が出来なくなります。
この人は、債務超過( Excess of Debts )になる可能性が高く、もしや債務超過なのではないかと判断される訳です。
消費者金融の場合、ほとんどが無担保融資です。
ですから、消費者金融はあなたの資産を取り押さえることは出来ません。
よって、この場合の債務超過とは、簡単に言うと、収入と比較して、借り入れが支払い限度を上回ってしまっていることです。
多重債務で困っても、一本化と言って、その債務を一つに統一すること(一つの消費者金融が他の会社の借金を肩代わりするということです)も可能なようですが、借金が減るわけではありませんし、利子や返済時期の問題などもあります。
いずれにせよ、自分の収入よりも返済額が上回ってしまうような借金はお勧めしません。

プロミスにはある仮審査の体験、楽天銀行にはないの?

申し込みをするときには今ではプロミスお試し審査があることがキャッシング会社の特徴となっている、というイメージはありませんか?
実はこれは消費者金融はほとんど対応しておりプロミスなども用意していますが、銀行ではレイクとバンクイックくらいのものでそのほかの銀行カードローンではお試し審査は用意されていません。
お試し審査というのは仮の審査を体験するというもの。
実際に行われる本審査とはことなりますのでお試し審査で受かっても本審査では落ちるということがあります。
楽天銀行カードローンにお試し審査が無いことはデメリットになるのでしょうか。
お試し診断は匿名で行うことができオンライン上で誰でも自由に利用することができるものです。
本人を特定されることもありませんし、自分ではない情報で試してみても何ら問題はないというお試し版です。
これはどういう方に有効になるのかと言えば他社からの借り入れが現在ある方。
しかも複数以上の借り入れがある状態での申し込みの時にはこのお試し審査が働いてきます。
というのも、総量規制のある消費者金融では他社からの借り入れを含めて年収の3分の1を超えての貸し付けができませんので年収と他社からの借り入れ金額は必ず入力するようになっています。
銀行はお試し審査が無い理由がお分かりになったでしょうか。
総量規制がありませんのでお試し診断をする意味が半減してしまうものです。
重要な意味が銀行では出てきませんのでお試し審査は必要ないと言えるのでしょう。

キャッシングは絶対安全でなければダメ!その消費者金融はどうですか?

どんな諸費者金融を利用しているのか、これは実に重要なことです。
利用の方法をいくら考えたとしてもその消費者金融でのキャッシングが危険なものであればどれほど計画をたてたとしてもダメはダメなわけです。
消費者金融選びはキャッシングをするときの土台選びとして考えなくてはなりません。
現在消費者金融は全国に2000社はあるとされています。
バブル期にはこの10倍近くの消費者金融がありました。
借りることに抵抗がない時代でしょう。
返済ができない状況など考えられなかったのではないでしょうか。
今手元にないから借りておこう、そんな簡単なものだったのかもしれません。
クレジットカードも一般社会に普及したのはバブル期になりますので後払いという支払方法が確立されたのもやはり先の収入に何の不安もなかったのだろうということは推測するのに難しことではありません。
その後、返済ができない状況、支払いができない状況が多く発生するようになりました。
バブル崩壊です。
それによって消費者金融はどんどんと数が減少し今に至ります。
とはいえ2000社もあれば十分すぎる数でしょう。
その中でも消費者金融の大手と呼ばれるのはごく一部です。
一昔前であればレイクや武富士なども含めて大手5社と呼ばれていましたが、現在はプロミス、アコム、アイフルの大手3社となっています。
キャッシング即日融資が必要なら安心できる消費者金融を選ぶことができていたでしょうか。
消費者金融選びが成功していたかどうか、まずは考えてみましょう。

カードローン!金利は同じでも返済方法によって総支払額に大きな差が出ることも〜返済期日〜

一言にカードローンといっても色々とありますが、貸金業者、所謂消費者金融が発行するカードローンだけ見てもそれぞれ特徴が異なりますし、利便性という面でも違います。また、みなさんがカードローンを利用する際、最も気になるであろう金利についてもどれも同じではありません。
ちなみに、消費者金融の金利は、改正貸金業法施行後、貸付額に応じて15%〜20%の上限金利で貸付が行われることになり、カードローンを提供する消費者金融は上限金利もしくは上限金利に近い金利を設定するようになりました。ですから、金利だけを見ると大差はない、といえるでしょう。しかし、金利(年利)は同じでも返済方法により、利息総額&総支払額に大きな差が出ることもある、ということをみなさんはご存知でしょうか。金利が同じなら支払い総額も同じはず、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではないのです。
カードローンの多くは、予め返済期日が定められており月に一回返済していくことになりますが、中には〇〇日ごとに返済日が訪れるカードローンもあります。金利(年利)は、日割り計算なので返済日から返済日までの日数が長ければ長いほど金利がつく、ということになります。
〇〇日ごとに返済日が訪れるカードローンだと返済日の把握はしにくいかもしれないけれど慣れれば、返済期日が毎月〇〇日、というカードローンよりもラクかもしれない?という考えもあるでしょう。もちろん、返済を〇〇日ごと!としているカードローンを否定している訳でもありません。しかし、返済日までが長いとその分利息がつくので総支払額が多くなる、ということを認識した上で、選ぶ必要はあると思います。

証券口座は安心管理

証券口座には株式取引をするための金額、儲けを出した金額が預け入れられることになります。
少額の取引を中心にしていたとしてもプラスが増えればそれだけ口座の資産が多くなります。
また株取引を行っている人には銀行口座よりも証券口座の方に多くの資産があるということも珍しいことではなく証券口座が安心できるものかどうか気になるところでもあるでしょう。

銀行口座の場合、万が一銀行が破たんした時には預金保護、つまりペイオフにおいて1預金者につき1千万円までの預金、その利息が保護されるというもの。
それだけの金額が保護されるのであれば問題ないと考える人もいますし、それ以上の金額を持っている人であれば銀行口座を複数持つという方もいるでしょう。

それでは証券口座はどうでしょうか。
実はその点が法律によって定められています。
証券会社は、証券会社自体の資産、そして顧客の口座資産は同一に管理してはいけないというものです。
つまり、顧客の口座資産はその単体で管理されており、万が一証券会社が破たんしたとしてもその資産は確実に管理されているものです。
証券会社が経営の悪化をたどったとしても、顧客口座の資産を使用することはできないということです。

株式取引を行っていると、その儲けは突然に大きくなったり小さくなったりと金額の変動が非常に激しくなってきます。
大きな金額が資産となることも珍しいことではありません。
ネット証券一覧にある証券口座の資産は安全に管理されている、それは安心できることです。

消費者金融のスピードを持った銀行ローン、バンクイック

三菱東京UFJ銀行のカードローンといえばバンクイックが知られています。
楽天銀行スーパーローン同様銀行ローンとして今、大きく人気があり注目されているのには消費者金融のスピードを兼ね備えていることが理由の一つになるでしょう。

金利は銀行並み、スピードは消費者金融並み、願ったり叶ったりのキャッシングではないでしょうか。
これまで銀行といえば審査には時間がかかることは当然のこととしてありました。
1週間、2週間、長い時には1か月も審査の結果を待たなくてはなりません。
どうしても近日中に必要な借り入れがあるときには銀行は選択肢の中から外さなければならなかったものです。
金利を取るのか、スピードを取るのか、その選択肢があったことは確かです。
ところが三菱東京UFJ銀行バンクイックのように即日借り入れが可能な銀行は出てきました。
今のところバンクイックが最も即日融資の可能性が高い銀行となっているでしょう。

借り入れ金額の大小にかかわらず、即日融資が可能であれば金利を考えて銀行を選択したいと考えるのはごく一般的なことです。
これでは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックにはデメリットがないように思われますが、それもまた違います。
メリットがあればデメリットもあるものです。
三菱東京UFJ銀行バンクイックは金利も低く、そしてスピードもあるキャッシング先として人気があります。
そのメリットばかりに注目するのではなくどんなデメリットがあるのかを知ることが大切になるでしょう。

レイクの審査に落ちたときにも考えてみよう、その借り入れ先は間違いではないか

どんな人が借り入れをしているのかも気になりますが、どんな場合に借り入れをしているのかを考えてみると借り入れをする前の参考にすることができます。
その借り入れの理由は間違ってはいない選択でしょうか。

世帯収入によって、もしくは高齢者世帯であれば借り入れ先はレイクやアイフルなどではありません。
また住宅を建てるための費用もまたレイクではありません。
どんな時にどんなところからどのような借り入れをするのか、じっくり考えておく必要があります。
レイク口コミをチェックしてみてもレイクの審査に通ることは難しくはありません。
むしろ他社からの借り入れがないのであれば落ちたという方が難しいというくらいです。
それでも返済は違います。
借り入れ金額をそのまま返済すればいいのは無利息期間を利用してその期間内に返済ができるときだけ。
返済をするときには利息を付けて返済しなくてはなりません。

レイクは確かに無利息期間があります。
この期間を考えても少額キャッシングで短期返済が可能であれば借り入れ先として選んでおきたいところであることは間違いありません。
しかし、そうではない場合もあるのだということは覚えておきましょう。
借り入れをするためにはそれぞれの事情があり理由があるはずです。
状況があり環境もあります。
それに応じた借り入れ先が選択肢としてあり、適切なものを選ぶことが必要になります。
消費者金融や銀行だけを考えているのであれば一度考え直してみなくてはならないかもしれません。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングの違いとは?

クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシング、さらに最近利用者増加中の銀行カードローンでのキャッシング、この3つは似ていますが少しずつ違いがあります。

どこを利用しても同じ、ということはありません。少しの違いでもお得なもの選んだほうがよいことは間違いないですから、その違いを理解しておきましょう。

まず大きな違いとしては、クレジットカードと消費者金融のキャッシングは貸金業法で規制を受けるもの、銀行カードローンは銀行法で規制を受けるものです。貸金業法では本人収入がある人が年収の3分の1の金額までのキャッシングを申し込みすることができるのです。

しかし、銀行カードローンはこの規制を受けません。専業主婦の方や年収の3分の1を超えた金額の借り入れを希望する方も申し込みが可能となります。

また、審査スピードは消費者金融がこの中では最も早くなるでしょう。消費者金融は即日キャッシングができるところのほうが多い、と考えておいてよいかもしれません。

金利の点に関しては銀行が低い、というイメージが強いものですが、現在は消費者金融もかなり低い金利のキャッシング商品も出てきています。利用する限度額によっては、大差ないものも見つかるでしょう。クレジットカードは、消費者金融や銀行カードローンほどもお金借りる金額によって金利が細かく分かれていないことが多いです。

借り入れ目的などによっても、お得なところという借り入れ先は変わってきます。時間のあるときに比較しておくことで、よりよいキャッシングができるようになりますよ。